低空頭・狭隘地・軌道内における各種杭打ち、支障物撤去、既存杭引抜き等、弊社にお任せください!

  1. ホーム>
  2. 会社情報(代表者挨拶)




弊社は、創業者の平野 朝晴氏が昭和44年6月に設立し、クレーンのリース業から始まりました。
杭打ち工事に進出し、その後、鉄道による地域の分断が社会問題化、踏切をなくし地域の利便性の向上を図るインフラ整備が増えるとの情報を得て、軌道内の杭打ち、低空頭・狭隘地の施工に進出しました。
メーカーと共同開発した低空頭専用の杭打機を多数導入し、施工条件の厳しい工事に挑み、お客様に支えていただきながら実績を積み重ね、低空頭・狭隘地の工事、鉄道近接・軌道内工事に特化してまいりました。

私は平成24年8月に創業者から経営の重責を引継ぎました。
建設業界は人材確保や従事者の待遇改善など、課題が多くなっていますが、会社が継続し成長を持続出来るよう様々なことに挑戦し、お客様のご要望に応えられる会社、魅力ある会社を目指します。

今後の発展を見据えて、平成29年2月末に本社置場・事務所を横浜市鶴見区駒岡から、横浜市旭区上白根へ移転いたしました。移転の際には皆様にご迷惑をおかけ致し、誠に申し訳ございません。
更なる社業発展を目標に、積極的な設備投資、困難な施工への挑戦、自社所有機の整備充実、人材確保・育成に注力してまいります。


最後に「平成26年2月23日 川崎駅事故について」
弊社の重機が、軌道内のプロとして起こしてはいけない事故の直接の原因になってしまいました。
運転手さんが軽傷だった事、弊社オペレーターが無事だった事は不幸中の幸いでしたが、多くの方々に大変なご迷惑・ご心配をおかけしましたことを、深くお詫び申し上げます。今は失った信頼を取り戻すために、社内の独自ルールを制定し、愚直に実践することで、一から実績を積み重ねて行こう!と会社一丸となって取り組んでいます。

今後もお客様の多様なご要望にお応えし、ご満足いただけるように尽力いたしますので、一層のご指導ご支援を賜りますようお願い申し上げます。